Smart science to improve lives™
Crop Care

プロダクト・カーボン・フットプリント(PCF)

脱炭素化に向けて

私たちは、私たちの事業とサプライ・チェーンの脱炭素化を継続し、検証済みの科学的根拠に基づく目標(SBT)に向けて取り組み、お客様に二酸化炭素削減のメリットを提供しています。

事業と原材料に関連する排出量を正確に把握することは、十分な情報を得た上で、脱炭素戦略を方向付けるために必要です。

クローダは、お客様のスコープ3上流の炭素計測を支援し、目標とする脱炭素化活動への協力を可能にするため、世界の12の製造拠点で生産される400を超えるクロップケア製品に関連する材料のプロダクト・カーボン・フットプリント(PCF)を開始します。詳細はこちらまでお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせフォームを送信してください。折り返しご回答いたします。ライブチャットもご利用になれます。

クローダ ライフサイエンスの解説画像

895.9 KB
ダウンロード
パート1
パート2
  • スコープ1の排出

  • スコープ2の排出

  • スコープ3の排出

PCF:クローダの脱炭素化についての取り組み

化学・ライフサイエンス業界が温室効果ガス排出量の削減と脱炭素化に取り組む中、製品やサービスに関連する排出量の正確な測定が必要とされています。

効果的な脱炭素戦略を策定し、実行に移すためには、総排出量や排出原単位の高い領域を特定する必要があります。このようなホットスポットは、企業の目標達成や、地球温暖化を1.5℃に抑えるというパリ協定の目標達成に向け、脱炭素化の方向付けが最も大きな効果を発揮する場所であることがしばしばあります。

私たちのコミットメント

私たちの目標

  • クローダは、2030年までにスコープ1と2の排出量を46.5%削減し、2030年までにスコープ3の排出量を13.5%削減すると言う科学的根拠に基づく目標(SBT)を掲げています。
  • クローダの最終的な目標は、スコープ1、2、3の排出量を2050年までにネットゼロにすることです。

2019年7月、私たちは国連グローバル・コンパクトの行動要請である「1.5℃のためのビジネス・アンビション」に署名しました。私たちは、2050年までにネット・ゼロの組織となり、最も野心的な科学的根拠に基づく目標(SBT)に沿ってスコープ1と2の温室効果ガス排出量を削減し、世界の気温上昇を産業革命以前の水準より1.5℃以下に抑え、気候変動の最も致命的な影響を回避することを約束しました。

2021年、当社は1.5℃の科学的根拠に基づく目標を検証された世界で3番目の大手化学企業となりました。私たちは、2018年を基準としてスコープ1と2の排出量を46.5%削減し、サプライチェーン内の協力を通じて上流のスコープ3の排出量を13.5%削減することを約束しました。

クローダは、全拠点で脱炭素化ロードマップを策定し、すでに行動を開始しています。

アグロフォレストリー

クローダのアプローチ

当社のコミットメント(Commitment)の基盤となるのはSDGsです。SDGsの169のターゲットのうち23ターゲットが当社の戦略の原動力となります。

キャスター

持続可能性目標

2018年、執行委員会は英ケンブリッジ大学サステナビリティ・リーダーシップ研究所(CISL)と協力し、国連が定める持続可能な開発目標(SDGs)に沿った2030年に向けた持続可能性戦略を策定しました。

SBT認定
2030年、私たちの世界 - 気候

クローダのPCFの手法

クローダのPCFは、ゆりかごからゲートまでのライフサイクルアセスメント(LCA)です(すなわち、スコープ1、2、3の上流)。これは、原材料の生産開始時(「ゆりかご」)から生産拠点から出荷される瞬間(「ゲート」)までの炭素排出量を指します。

これらは、(GHGプロトコルのガイダンスに従って)ハイブリッドデータを使用して計算され、Together for Sustainability(TfS)ガイドライン(ISO、GHGプロトコル、PACTと整合)に沿っています。

クローダのPCFに分類されます

  • スコープ1排出量-クローダの生産プロセスからの直接GHG排出量
  • スコープ2排出量-クローダ社が生産工程で購入するエネルギーの供給によるGHG排出量
  • スコープ3:購入原材料からの温室効果ガス排出量
  • インバウンド輸送、下請け、廃棄物/廃水の平均データもPCFの計算に含まれています

クローダは、サプライヤー固有のPCFや原材料のLCAをさらに充実させ、スコープ1および2の事業についてより正確な算出を行うことで、データの質を向上させていきます。

PCF明細書は現在、世界中の12の製造施設で製造されている400以上のクロダクロップケア製品ポートフォリオについて利用可能です。数値は2023年の製造データに基づいて作成されています。詳細は営業担当者にお問い合わせください。

よくある質問

サステイナビリティは私たちの根幹

サステイナビリティ(持続可能性)は私たちがお客様に価値を提供するための重要な手段です。サステイナビリティに対する私たちのアプローチをご覧ください。

ベリタス熱帯雨林

持続可能性

持続可能性は当社ビジネスのあらゆる分野に及び、お客様に付加価値をもたらす上で極めて重要な点です。

2023 Sustainability Impact Report

責任あるビジネス

受賞・認証

持続可能性に対する当社の取り組みについて、数多くの側面が外部で認められているほか、当社も事業活動の主要分野で積極的に認証取得に向けて努力しています。