Smart science to improve lives™
Crop Care

プロダクトのカーボンフットプリント:脱炭素化の鍵となるツール

排出と脱炭素

化学およびライフサイエンス産業は温室効果ガス(GHG)排出を削減し、脱炭素化を進めています。製品やサービスに関連する排出量を正確に計算することが必要です。効果的な脱炭素戦略を策定し、運用内の高い総排出量と高い排出強度(材料または活動ごとの1単位あたりのCO2e)のエリアを特定することが企業に求められています。これらのホットスポットは、企業の目標達成とパリ協定の目標である地球温暖化を1.5°Cに制限するために最大の影響を持つ場所です。

温室効果ガス(GHG)の測定と評価を支援するために、GHGプロトコルは排出をScope 1、Scope 2、およびScope 3に分類しています(図1)。Scope 1の排出は、報告エンティティが所有または制御する源からの直接的なGHG排出です。例えば、天然ガスを燃料として使用した暖房や蒸気からの排出が該当します。Scope 2の排出は、購入したエネルギーや蒸気の発生から生じる間接的なGHG排出です。例えば、購入した電力の発電からの排出が該当します。Scope 3の排出は、報告エンティティの価値連鎖で発生する他のすべての間接的な排出です。これはさらに上流と下流の排出に分けられます。化学産業における上流Scope 3の排出は通常、原材料の抽出と精製、およびその輸送から生じます。一方、下流の排出は製品の加工、使用、廃棄、および寿命終了から生じます。

Overview of GHG protocol scopes and emissions across the value chain
図1. GHGプロトコルのスコープと価値連鎖全体の排出の概要 1

理想的な世界では、すべての活動の排出物は直接その発生地で測定されるべきですが、これは現実的または実用的ではありません。その結果、ほとんどの企業や炭素会計プラットフォームは、活動を関連する排出物に変換するための排出係数のデータベースに頼っています。これらの排出係数は経済的要因に基づいていることもあれば、ますますライフサイクル分析評価(LCAs)から取得されていることもあります。LCAsは活動を研究し、それに関連する平均的な排出物を分析して排出係数(単位活動あたりに排出される平均的なkg CO2e)を算出します。企業は活動の使用を関連する排出係数で乗じることで、その活動に関連する総排出物の推定値を計算できます。

スコープ3の排出物を計算することは、関連する活動が組織外(そしてしばしば地理的な領域外)にあるため、重大な課題です。そのため、プロセス、原材料、エネルギーの使用の可視性は限られています。製品に関連する適切な産業のライフサイクル評価(LCA)が行われている場合、この平均値を使用して関連する排出物を推定できます。しかし、頑健なLCAが頻繁に利用できないため、企業は経済的または支出ベースの要因を使用して推定に頼っています。支出ベースの要因とは異なり、産業の平均LCAデータは炭素の「ホットスポット」についての洞察を提供し、脱炭素化アクションプランの開発をサポートします。ただし、どちらの方法もサプライヤーの脱炭素化アクションの影響を追跡することはできません。そのため、サプライヤーとの協力とサプライヤーのデータが必要であり、ここで製品の炭素フットプリントが重要です。 

 

プロダクトのカーボンフットプリント

プロダクトのカーボンフットプリント(PCF)は、特定の製品のライフサイクル中に放出される温室効果ガスの総量を表します。一般的に、製品の炭素フットプリントは、いわゆる「生産からゲートまで」、つまり原材料の生産(または抽出)および加工から工場のゲートを出るまでの大気中への排出を計算します。サプライヤーがPCFを提供できる場合、購入した材料に関連する排出量を計算するのは簡単です。ただし、すべてのPCFが同じではありません。

GHGプロトコルスコープ3計算ガイダンスから引用された図2は、サプライヤー提供のデータがしばしば支出の異なるレベルまたは平均データに基づいていることを示しており、より正確なデータセットは通常ははるかに複雑です。

GHG protocol illustration of data types used for different calculation methods of scope 3 emissions図2は、GHGプロトコルによるスコープ3排出量の異なる計算方法に使用されるデータタイプのイラストです 2 

完全に支出ベースと平均データに依存するPCFは、実際の関連する排出をより悪く表現し、脱炭素戦略に対して信頼性が低い情報を提供します。支出ベースの方法のみを使用して計算されたPCFは、おおよその総排出量の概要を提供しますが、支出を減らす脱炭素戦略を残す可能性があります。

ただし、完全に主要データに基づくPCFデータは、供給チェーンで使用されるすべての材料の各段階の実際のエネルギー使用、エネルギー源、および輸送モードの可視性を必要とします。これはめったに実用的または達成可能ではありません。

ハイブリッド手法は妥協を許し、十分な主要データと複雑な供給チェーンの理解を持ち、炭素のホットスポットを特定し、アクションの影響を追跡する自信を持つことを可能にします。必要に応じて一部の支出ベースと平均データも組み込むことは現実的です。

データの品質と正確さを超えて、PCFの計算に使用される範囲と方法論も異なる場合があります。GHGプロトコルのガイドラインは広く受け入れられており、PCFの計算に含めるべき活動を定義するのに役立ちます。ただし、企業がPCFの計算に含める排出カテゴリは異なる場合があります。

Together for Sustainability(TfS)のガイドラインでは

現在、PCF(製品の炭素フットプリント)を計算する際の標準的な方法論やベストプラクティスは一つではありません。また、範囲、方法論、およびデータの品質も異なります。すべての企業が一致し、PCFの計算方法にほとんど差異がない状態になるまで、異なるソースからのPCFを信頼性を持って正確に比較することはできません。より詳細で正確なレベルの情報は、より正確に寄与者を考慮に入れるため、PCFが高くなる可能性があります。

2022年9月に、Together for Sustainability(TfS)は、化学産業向けにカスタマイズされたPCF(製品の炭素フットプリント)の計算ガイドラインを発表しました。これらのガイドラインは、PCFの計算と提示方法を調整し、GHGプロトコルの指針と関連するISO標準と一致させることを目指しています。

重要なことは、Together for Sustainability(TfS)のガイドラインでは、PCF(製品の炭素フットプリント)の範囲、方法論、およびデータの品質がPCFの記述に明示されることが求められています。この可視性は、PCFをより公平に比較しようとする際に重要です。排出報告ガイドラインにはまだばらつきの可能性があり、異なるソースからのPCFを比較する際には常に一定の不確実性が伴いますが、ガイドラインがより広く採用され、領域が成熟していくにつれて、調整が改善されるはずです。

プロダクトのカーボンフットプリント(PCF): 主なポイント

PCFは、的確で効果的な脱炭素を実現するための重要なツール

Scope 3の排出量を計算することは、関連する活動が組織外(そしてしばしば地理的な領域外)にあるため、大きな課題です。スコープ3の排出を正確に見積もるためには、サプライヤー固有のデータが必要です。また、炭素強度のホットスポットを特定し、サプライチェーン全体での脱炭素化対策の影響を追跡するためにも、サプライヤー固有のデータが重要です。

PCFの計算に使用されるデータが多く、かつサプライヤー固有のデータが豊富であるほど、数値の精度が高まります。ただし、PCFは簡単に比較できるものではなく、最低値が必ずしも最良とは限りません。

PCFの比較の難しさとデータの重要性

PCFの方法、範囲、データの品質を理解することが重要です。これらを理解せずにPCFがすべての関連する排出を正確に表していると仮定することは避けるべきです。クレードル・トゥ・ゲートのPCFは上流の排出のみを考慮しており、下流での排出削減の利点も考慮すべきです。製品の製造、保管、輸送、適用、または性能を最適化するための成分は、その成分の総PCFを超えて最終製品の持続可能性に影響を与える可能性があります。

低炭素は必ずしも持続可能性を意味しないことがあり、さまざまな環境への影響を包括的に評価し、重み付けし、比較するために(例えば、完全なライフサイクル評価)さらなる領域を考慮する必要があります。

PCFは固定された数値ではない

PCFが実際の生産データに基づいている場合、それは常に過去のものであり、特定の期間(通常はカレンダー年または移動平均)を表します。PCFは特定の期間の関連する排出のスナップショットを提供しますが、データの品質が向上し、製造プラクティスが変化し、脱炭素化対策が進むにつれて変化します。

Source 1 & 2: https://ghgprotocol.org/sites/default/files/2023-03/Scope3_Calculation_Guidance_0%5B1%5D.pdf

 

クローダ ライフサイエンスの解説画像

895.9 KB
ダウンロード

プロダクト・カーボン・フットプリント(PCF)

プロダクト・カーボン・フットプリント(PCF)の価値を理解して、温室効果ガスの排出量を削減し、持続可能性を促進するための「購買」を行いましょう。

今すぐ確認:クローダ製品のプロダクトカーボンフットプリント